最近では乳酸菌を取り入れる「腸活」がブームになっていますが、乳酸菌を摂取するにはヨーグルトやキムチのような発酵食品、または乳酸菌サプリメントを摂る方法があります。
実際のところ、ヨーグルトとサプリはどちらを取るのが良いのでしょうか。
今回は乳酸菌について、主な働きや1日の摂取量、ヨーグルトとサプリのどちらが良いのかをご紹介いたします。

乳酸菌の主な働き

乳酸菌は腸内環境を整えるといわれていますが、その働きによって健康が保たれています。
腸内環境を整えることでどのような効果があるのか、詳しくまとめてみました。

悪玉菌の繁殖を抑える

腸内に悪玉菌が増えてしまうと腸内で腐敗が進み、下痢や便秘の原因となってしまうほか、免疫力を弱めたり、発がん性物質を作ったりするとされています。

腸内に乳酸菌が増えることで、腸内環境を整えて悪玉菌の繁殖を抑えることができます。
また、食べ物の消化吸収を促進する働きもあるのです。

コレステロールの低下

乳酸菌によって作られた酵素の働きで、酸の吸収が抑えられます。
その結果、コレステロールから胆汁酸が新たに作られるので、体内のコレステロール値が減少するとされているのです。

免疫力の向上

人間の体の免疫細胞は、約7割が腸内で生きています。
そのため、善玉菌を腸内に増やすことで免疫細胞が強くなり、免疫力を高めることになるのです。

1日に必要な乳酸菌の摂取量とは?

乳酸菌を摂取することで、腸内環境が改善されるとご紹介しましたが、1日に必要な摂取量はどのくらいの量なのでしょうか。

摂取目安はない

もともと乳酸菌は人間の腸内に存在する菌です。
そのため、摂取しなかったとしても栄養不足になることはありません。
また、大量に摂取した場合でも副作用などは特になく、排泄されてしまうだけです。
しかし、乳酸菌が含まれている食べものには脂質や糖分が多く含まれている場合があるので、摂取しすぎは体にとってよくありません。健康のことも踏まえ、食品として適切な量を摂るようにしましょう。

毎日継続して摂ることが大切

乳酸菌の働きによって腸内環境を整えたいのであれば、毎日継続して摂取することが大切です。一度に大量に摂取しても効果に差はなく、結果的に排泄されてしまいます。
少しずつでも、毎日継続して摂取するのがおすすめです。

食後に摂るのがおすすめ

食品から摂ることのできる乳酸菌ですが、熱や胃酸に弱いため摂取したほとんどの菌が消化過程で死滅してしまいます。
とくに食事前や食事中に摂取した乳酸菌は胃酸が活発なため、死滅しやすくなります。
乳酸菌を摂取する場合は、胃酸の活動が落ち着く食後がおすすめです。

乳酸菌を摂るにはヨーグルト?サプリ?

乳酸菌を摂取するにはヨーグルトとサプリのどちらが良いのでしょうか。
それぞれのメリットやデメリットをまとめてみました。

【ヨーグルトのメリット】
・食事に取り入れることで乳酸菌を摂取できる

【ヨーグルトのデメリット】
・忙しい人にとっては毎日食事で摂取するのが難しい
・ヨーグルトを毎日摂るとなると費用がかかる

【サプリのメリット】
・毎日飲むだけで簡単に乳酸菌を摂取できる
・決まった量を飲むことで腸内環境を整えられる

【サプリのデメリット】
・定期的に購入する必要がある

ヨーグルトは食事に取り入れることで乳酸菌を摂取できますが、忙しい人にとってはヨーグルトを毎日食べるのは難しくなってしまいます。
その点、サプリであれば毎日飲むだけで乳酸菌が摂れるため、簡単に始めることができるのです。飲みやすく作られているものが多いため、味が苦手ということもなく続けやすくなっています。

カンタンに乳酸菌が摂れるカルグルトを始めよう!

ヨーグルトよりも、乳酸菌サプリを飲むほうが簡単で続けやすいとご紹介しました。
乳酸菌サプリを始めるなら「カルグルト」がおすすめです。
カルグルトは日本人由来の乳酸菌を選定し、日本人の体に合った配合によって作られています。乳酸菌で腸内環境を整えるためには、毎日続けることが大切ですので、飲みやすさにもこだわって作られているのです。

これから乳酸菌サプリを始めてみようという方は、ぜひ「カルグルト」を試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は「乳酸菌を摂取するならヨーグルトとサプリどちらが良いのか」についてご紹介しました。
サプリであれば、普段忙しい方でも続けることができますし、1日に決まった量を飲むだけで腸内環境を改善することができます。

これから乳酸菌サプリを始める方には「カルグルト」がおすすめです。
1日1包で腸活ができるだけではなく、美味しさも追求されているので毎日続けやすくなっています。

この機会にぜひカルグルトを始めてみてはいかがでしょうか。