食事制限や運動など「色んなダイエットに挑戦したけれどなかなか痩せられない」という方は多いのではないでしょうか。
ダイエットが成功しないのは、腸内フローラが関係しているからかもしれません。
今回は腸内フローラの働きやダイエットと腸内フローラの関係、手軽に腸内フローラを整える方法についてご紹介します。
「今度こそダイエットに成功したい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

腸内フローラとは?

私たちの腸内にはさまざまな細菌が住んでおり、1000種以上100兆個もいると言われています。その細菌たちが腸内でバランスをとりながら腸内環境を作っているのです。
腸内を顕微鏡で見ると、まるでお花畑(フローラ)のようになっていることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラにいる菌の種類

腸内フローラに生息している菌は大きく分けて3種類に分けることができます。
「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つです。
この3種類の特徴について詳しくまとめてみました。

〇善玉菌

ビフィズス菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌が代表的な菌となっています。
悪玉菌の定着や増殖を防いだり、体内に入った有害な物質を排出したりする役割があります。

〇悪玉菌

体に害を与えるとされる悪玉菌は、ウェルシュ菌や大腸菌(毒性株)、ブドウ菌などが代表的です。
悪玉菌が腸内に増えることで免疫力が低下し、腸内の腐敗を進めるためさまざまな病気の引き金となってしまいます。

〇日和見菌

大腸菌(無毒株)、バクテロイデスが代表的な菌となる日和見菌は、ビタミンを合成する働きがあります。
基本的には腸内で数が多い方の菌に加勢し、活動する菌となっています。

腸内フローラの働き

腸内フローラには主に3つの働きがあります。
腸内フローラのバランスが乱れてしまうと、体にさまざまな不調が出てくるため注意が必要です。

〇腸内環境のバランスを保つ

正しい腸内環境を保つには、腸内細菌の割合が整っていることが大切です。
善玉菌、悪玉菌、日和見菌の理想的な割合は「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」となっています。

日和見菌は腸内細菌の7割を占めており、善玉菌が多い腸内環境であれば善玉菌に、悪玉菌が多い腸内環境であれば悪玉菌に加勢することとなります。
そのため、腸内環境を整えるには善玉菌を増やし、日和見菌に味方してもらう必要があるのです。

〇未消化の食べ物を栄養のある物質に作り変える

腸内環境が整っていると、消化できていない食べ物を栄養のある物質に作り変えることができます。
栄養をバランスよく吸収することができるため、髪や肌の生成を促します。

〇腸のバリア機能向上

腸には「腸管免疫」という免疫システムが備わっています。
この免疫システムがあることによって私たちの体は、ウイルスや病原菌から守られているのです。
腸内環境が悪化すると腸管免疫も低下してしまうので、腸内細菌のバランスを保つことが重要になります。

腸内フローラとダイエットの関係

これまで、腸内フローラを整えることで体に良い影響があることをご紹介しました。
では腸内フローラとダイエットはどのような関係があるのでしょうか。

腸内には「ヤセ菌」がいる!

最近のさまざまな研究では、痩せている人の腸内に「ヤセ菌」が存在していることがわかってきました。
このヤセ菌とは、日和見菌のバクテロイデスという菌で「短鎖脂肪酸」を作り出すのがポイントです。

短鎖脂肪酸は腸から吸収されると、脂肪組織が感知して脂肪を燃やす働きがあります。
また、短鎖脂肪酸がたくさん分泌されることによって、小腸から食欲を抑えるホルモンが出るため、食べ過ぎを減らすことができます。

この短鎖脂肪酸をたくさん分泌させるには、日和見菌や善玉菌を増やすことが大切です。

ヤセ菌を増やすには?

ヤセ菌(バクテロイデス)を増やすには、エサとなる食物繊維を摂ることが大切です。
食物繊維を摂ることによって、食物繊維が好物の善玉菌と日和見菌は大幅に増え、痩せやすい腸内フローラになります。
また、善玉菌や日和見菌が食物繊維を分解するときに短鎖脂肪酸が作られるため、さらに痩せやすいサイクルになるのです。
短鎖脂肪酸には悪玉菌を抑える働きもあるため、食物繊維を摂ることで善玉菌や日和見菌が増えやすい環境になるという理由もあります。

ヤセ菌を増やす食べ物とは?

ヤセ菌を増やすには食物繊維が良いとご紹介しました。
食物繊維といってもどのような食材が有効なのか、他の栄養素についても詳しくまとめてみました。

【水溶性食物繊維】

食物繊維には「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の2種類があります。
不溶性食物繊維には腸をキレイにする働きがありますが、短鎖脂肪酸は作り出されないため、ヤセ菌を増やすためには水溶性食物繊維がおすすめです。
水溶性食物繊維が含まれる食材は以下の通りです。

  • 大麦
  • オート麦
  • ごぼう
  • モロヘイヤ
  • オクラ
  • 昆布
  • わかめ
  • ひじき
  • アボカド
  • キウイ

【難消化性でんぷん】

難消化性でんぷんは、消化されずに腸の奥まで届くのがポイントです。
消化されずに腸の奥まで届けられるでんぷんは、善玉菌や日和見菌によって食物繊維のようにエサとして食べられる役割があります。
また、食物繊維だけでなく難消化性でんぷんも短鎖脂肪酸を作り出すことがわかっています。
難消化性でんぷんが含まれる食材は以下の通りです。

  • 大麦
  • インゲン豆
  • イモ類
  • シリアル(コーンフレークなど)

【発酵食品】

発酵食品を食べることで乳酸菌を摂ることができます。
乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌の動きを高めることができるのです。
発酵食品といわれる食材は以下の通りです。

  • 納豆
  • キムチ
  • ぬか漬け
  • 味噌
  • ヨーグルト

手軽に腸内フローラを整えるならサプリがおすすめ!

これまで腸内フローラとダイエットの関係についてご紹介してきました。
ダイエットを成功させるために摂りたい食材をまとめてみましたが、実際のところ毎日意識して摂り続けるのは難しいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが乳酸菌サプリ「カルグルト」です。
1日1包飲むだけで乳酸菌やビフィズス菌を摂取することができます。
仕事や家事で忙しい方でも手軽に腸内フローラを整えることができます。

今なら初回1,980円で始められますので、この機会に腸内フローラを整えて、ダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、なかなかダイエットが成功しない方へ向けて、腸内フローラとダイエットの関係についてご紹介しました。
腸内フローラを整えて善玉菌や日和見菌を増やすことは、痩せやすい体づくりを促します。
これまでダイエットが成功しなかった方は腸内環境が原因かもしれません。
ぜひ食事やサプリで腸内フローラを整え、ダイエットを始めてみましょう。