顔が炎症を起こし、ヒリヒリ痛んだ経験はないでしょうか?赤みや湿疹などが顔に出てしまうと、出かけるのも嫌な気持ちになってしまいますよね。

今回は顔の炎症が起こる原因や対策、顔の炎症と密接な関係のある腸内環境について、詳しくご紹介していきます。

顔の炎症に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

顔の炎症の原因とは?

顔が炎症を起こす原因はいくつか考えられます。
原因が違うことによって改善方法も違ってくるため、自分がどのような症状なのかきちんと把握しておきましょう。

接触性皮膚炎

いわゆる「かぶれ」という状態です。
赤く腫れたり、水ぶくれやかゆみ、熱を持つことが特徴です。
顔にできるかぶれは、スキンケア用品や化粧品に含まれる成分に対してアレルギー反応が出るため起こります。
アレルギー反応にも個人差があり、しばらく使い続けてから反応が出る場合や、使った後に紫外線に当たることで反応が出る場合などさまざまです。

スキンケア用品や化粧品の他にも、香水やヘアカラー剤、歯磨き粉など肌に触れる成分はどれでもかぶれを起こすことが考えられるのです。

普段はかぶれを起こさない人でも、肌のバリア機能が低下しているとアレルギー反応が出ることがあります。

湿疹

湿疹とはかぶれのように、かゆみや赤く腫れる症状が特徴です。
進行すると化膿したり、水ぶくれになることもあります。
誰でもなりやすい症状ですが、放っておくと肌の表面がゴワゴワしたり、色素沈着で黒ずんでしまうため早めに治療することが大切です。

湿疹が起こる要因は、外側からの強い刺激によるもの、体内のアレルギー物質による反応、他の病気によるものなどさまざまです。

酒さ様皮膚炎

酒さ様皮膚炎とは、酒さという赤みを持った皮膚の状態になる皮膚炎のことをいいます。
ステロイド軟膏を長期間にわたって使用していることが主な原因で起こる皮膚炎です。
酒さ様皮膚炎で肌に赤みが出るのは、ステロイドを多用していることで皮膚が薄くなり毛細血管が拡張するためです。

炎症が起きた時の対策とは?

顔の炎症が起きた場合にはどのような対策を取れば良いのでしょうか。
薬での治療だけではなく、普段の生活に取り入れることができる対策を詳しくまとめてみました。

肌のバリア機能を上げる

顔の炎症が起きているときとは、肌のバリア機能が低下しているため外からの刺激が入りやすくなっている状態のことを指します。
外からの異物や刺激が侵入し続けている間は炎症も治らないため、まずは肌のバリア機能を上げて刺激から肌を守ることが大切です。

肌のバリア機能を上げるためには3つのポイントがあります。

①洗顔方法の見直し
洗顔は肌の汚れを落とし、清潔に保つためにとても重要なポイントです。
肌のバリア機能を上げるためには、界面活性剤が入っていない洗顔料をしっかり泡立て、泡で肌を包むように優しく洗顔することです。

②紫外線対策
紫外線は肌の保湿成分を奪ってバリア機能を低下させるため、バリア機能を維持するにはこまめな紫外線対策が必要です。

③生活習慣の改善
肌のバリア機能を維持するためには、質の良い睡眠や栄養バランスの良い食事も欠かせません。
成長ホルモンの分泌を促すために6時間以上の睡眠を取ることが大切です。また、良質なタンパク質や亜鉛、ビタミンも食事から摂りたいところですが、難しい場合はサプリメントなどで補うようにしましょう。

腸内環境を改善する

腸内環境を改善することで、肌のバリア機能を高めることができます。

腸内には「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」といった菌が住んでおり、この菌のバランスが保たれていることが、健康的な腸内環境の条件となっています。
しかしこの菌のバランスが崩れ腸内環境が悪化すると、腸内から血管へ腐敗物が吸収されてしまいます。この腐敗物が血液を通して全身に回ることで、肌が炎症を起こす原因となるのです。
そのため腸内環境を改善し、善玉菌を増やすことで、健康的な肌を作るための栄養素が吸収されやすくなります。

発酵食品や食物繊維を積極的に摂ることで腸内環境は整いやすくなるため、食事を変えるところから意識してみてはいかがでしょうか。

刺激を与えるものを排除する

体の内外からの刺激を避けることも、バリア機能を高めるには必要です。
洗浄力の高い洗顔料やスキンケア、香辛料のたくさん入った食事など肌にとって刺激になるものはたくさんあります。
バリア機能が低下しているときはそういった刺激にも過敏に反応してしまい、さらに症状が悪化する可能性もあるため注意が必要です。

腸内細菌とは?

腸内環境が肌のバリア機能に関係するとご紹介しましたが、そもそも腸内細菌とはどのような働きをするのでしょうか。
それぞれの菌の働きについて詳しくまとめました。

腸内細菌の働き

腸内細菌は主に「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」という3種類に分けられます。
・善玉菌
ビフィズス菌や乳酸菌で知られる、健康維持には欠かせない菌です。ビタミンの合成や消化吸収の補助、免疫の刺激などが主な働きとされています。

・日和見菌
普段はおとなしくしている菌ですが、体調が悪化すると腸内で悪さをするようになります。
バクテロイデス、大腸菌(無毒株)などが代表的な菌です。

・悪玉菌
ブドウ球菌や大腸菌(有毒株)などの体に悪いとされる菌です。
腸内腐敗、発ガン性物質の生成、細菌毒素の生成など病気の引き金となるような働きをします。

腸内環境が悪化するというのは善玉菌が減少し、悪玉菌が増殖した腸内のことを指します。
理想的な腸内細菌の割合は
善玉菌20%
日和見菌70%
悪玉菌10%
といわれています。

腸内細菌のバランスが変わる原因とは?

腸内細菌のバランスが変わってしまう原因は主に4つあります。
・食生活
・加齢
・投薬
・ストレス

食事やストレスが原因で腸内環境が乱れることがあります。
その他にも加齢や抗生物質の投薬によって善玉菌が減少し、腸内細菌のバランスが変わることが考えられるのです。

腸内環境を整える食事とは?

腸内環境を整えるために摂取したい栄養素をご紹介します。
ぜひ食生活に取り入れてみましょう。

腸内環境に良い栄養素①発酵食品

キムチや納豆、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸内に善玉菌を増やして腸内環境を整えます。毎日少しづつでも続けて摂ることが大切です。

腸内環境に良い栄養素②食物繊維

食物繊維のなかでも「水溶性食物繊維」は腸内の善玉菌のエサになり、腸内を健康に保つ働きがあります。
キウイ、りんご、ほうれん草などに多く含まれています。

腸内環境に良い栄養素③オリゴ糖

オリゴ糖も乳酸菌のエサになったり、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。
糖の一種なので取りすぎには注意しましょう。

まとめ

今回は、顔の炎症に悩む方へ向けて、炎症が起こる原因や対策、炎症に密接な関係のある腸内環境についてご紹介しました。
炎症を改善するには、肌のバリア機能を高めることが大切です。
そのためにも正しい生活習慣を送り、腸内環境を整えることが求められます。
さっそく普段の食生活に発酵食品などを取り入れてみてはいかがでしょうか。